【フェルミエ オンラインショップ 】
ナチュラルチーズ専門店&チーズ 通販のフェルミエ http://fermiershop.com


フェルミエ各店舗の営業について
https://fermier.co.jp/news/detail.php?news_id=80

美味しいもの日記 メルマガ バックナンバー

the jourmal of rumiko honma

毎週火曜日・金曜日に送信しているフェルミエメールマガジンのバックナンバーです。

Vol.1358 2016年3月29日(火)発行

本間るみ子の美味しいもの日記
「カイエ・ド・ブルビ」

 日本では春分の日、キリスト教世界では復活祭が終わると一気に春がや
ってくるような気がします。桜が開花したあとの気温が影響しているのか
愛宕の桜はまだ三分咲きくらいでしょうか?はやく暖かくなってほしいと
思いますが、少しでも長く桜を楽しむには、震える寒さも悪くないのかも
知れません。

 復活祭といえばカラフルに色づけされた卵やチョコレートでできた卵が
店頭を飾ります。また子羊も欠かせないご馳走です。羊の出産のシーズン
はフレッシュの羊乳製チーズの旬にも重なります。先月紹介した、コルシ
カ生れの「ブロッチュ」、トスカーナ地方の「マルツォリーノ」(※)な
ど、フレッシュならではの楽しみ方があります。

※ マルツォリーノ
https://www.fermier.co.jp/products/detail.php?product_id=826

 今週から予約販売をしております「カイエ・ド・ブルビ」(※)はツル
ンとした喉ごしが人気です。羊乳が豊富な時期は冬に食べる保存用チーズ
の製造もさかんに行われますが、野外で食べたくなるフレッシュなタイプ
も多く出回るのです。

※ カイエ・ド・ブルビ
https://www.fermier.co.jp/products/detail.php?product_id=2472

 イタリアはサルデーニャ島に伝わる「セアダス」はサルデーニャの伝統
菓子で、羊乳のフレッシュのカードをパスタの生地に入れ、揚げたてにハ
チミツをかけて食べます。フランスとスペインのバスクでは素焼きのポッ
ト入りの「カイエ・ド・ブルビ」は通年商品でどこのスーパーにも並びま
すが、これから夏にかけてがオンシーズンとなります。冷たくしたカイエ
に少し温めたハチミツをかけて食べるのが現地流です。素朴な素焼きのポ
ット入りから、紙パックへと時代は移り変わりましたが、食べ方は同じ。
塩分を気にしている方にもお勧めしたい、旬を謳歌できるチーズです。4
月のお届けまでご予約を承っております。

 年度末の3月は何処も忙しいと思いますが、フェルミエも例年に増して
慌ただしい日々です。5月の周年記念イベントに海外から来日するゲスト
が50名以上になり、「プティ・サロン・デュ・フロマージュ」(※)や
30周年パーティーを成功させたいと、それぞれのプロジェクトチームが
知恵を絞りながら、打ち合せが続いています。参加される皆様にはきっと
満足していただけることと思います。各イベントは定員になり次第しめ切
らせていただきますので、急いでお申込み下さいませ。

※ プティ・サロン・デュ・フロマージュ
日 時:5 月15 日(日)15:00~19:00
会 場:「イイノホール&カンファレンスセンター」
    東京都千代田区内幸町2 丁目1 番1 号
入場料:5,000円(税込) ※3月1日 ~3月31日
https://www.fermier.co.jp/products/detail.php?product_id=5487