【フェルミエ オンラインショップ 】
ナチュラルチーズ専門店&チーズ 通販のフェルミエ http://fermiershop.com


フェルミエ各店舗の営業について
https://fermier.co.jp/news/detail.php?news_id=80

美味しいもの日記 メルマガ バックナンバー

the jourmal of rumiko honma

毎週火曜日・金曜日に送信しているフェルミエメールマガジンのバックナンバーです。

Vol.1350 2016年3月1日(火)発行

「サロン・デュ・フロマージュ」

 土曜日から農業祭がスタート、日曜日からはサロン・デュ・フロマージ
ュがはじまりました。朝9時から夜7時まで、精力的に生産者と会い、チ
ーズを試食しています。この期間はチーズでお腹が満たされてしまい、せ
っかくパリにいるというのに、レストランでの食事の予定をたてることが
できません。チーズがあれば満足なので大丈夫なのですが、ビタミン欠乏
症です。

 日曜日の夜はチーズ業界の「ギルド」のソワレが、バンドームの重厚な
ウェスティンホテルで行われ、ファビアンは見事メートルフロマジェとい
う格の高い称号を受賞しました。
 「ギルド」といえば中世から近世にかけ商工業の間で結成された職業別
組合を意味していますが、現代ではチーズ業者、レストラン経営者、愛好
家、ジャーナリストなど、世界各国の人々が名を連ねています。いつもの
ことですが、ソワレは夜7時からアペリティフが始まり、席について食事
が始まったのは8時過ぎ。メインのお肉料理がでた後、マントをきたギル
ドの役員たちが音楽にあわせて入場して、ひとりつずつ紹介されていくの
ですが、スピーチの長さといったらありません。

 私は240人ものゲストの前で緊張しつつもファビアンを紹介し、その
あと会長のロラン・バルテルミー氏がファビアンを再び紹介、会場から大
きな拍手が湧きあがり、素晴らしい叙任式になりました。
 この叙任式が終わったのは真夜中の12時過ぎ。重たいマントを長時間
着ていたせいで、肩も凝るし、汗もかくし、外観は格好良くても、マント
は楽ではありません。叙任のあと、フロマージュ、デセール、カフェと続
き、閉会になったのは日付を超えた1時過ぎでした。

 昨日はサロン・デュ・フロマージュのコンクールジェネラルの日。どん
なに夜更かししても、睡眠不足でもしゃきっとした月曜日を迎えなくては
なりません。コンクールの審査は当日にならないと、どのチーズを担当す
るか不明です。が、なんとミモレットを担当することになりました。
 ミモレットの生産者は3軒ほど、熟成者は複数います。正直、そんなに
大きな差はないだろうと思っていましたが、食べ比べると塩加減や苦味の
加減などが微妙に違います。私はかなりの高得点をつけましたが、テーブ
ルの審査員たちは厳しい点数で、結果的に金賞はひとつもなく、銀賞がひ
とつ、銅賞がひとつという結果でした。
 帰国しましたらブログに書くつもりですので、首を長くしてまっていて
くださいね。

 そして、午後からはチーズプラトーコンクール「リールドール」が開催
されました。フェルミエで働いていた、クリストフが出場すると知り、犬
ちゃんも応援にかけつけていました。
 プラトー製作の様子を見ようと人だかりができていて、途中の作業はま
ったく見ることができませんでしたが、完成したプラトーは繊細でアイデ
ア満載。とてもよい仕事をしたクリストフに拍手を送りたい気持ちでした。
残念ながら入賞には至りませんでしたが、これが初めてですから、もっと
もっと経験をつみ成長してくれるものと信じています。

 昨夜は元フェルミエスタッフの犬ちゃんとカッキー、パリで活躍する清
治さんと、カタローニャ地方のレストランで合流。あまり遅くならないよ
うにと思っていたのですが、気が付いたら11時過ぎ。寝不足ではありま
すが、今日もサロン・デュ・フロマージュに行ってきます!