ナチュラルチーズ専門店&チーズ 通販のフェルミエ http://fermiershop.com

美味しいもの日記 メルマガ バックナンバー

the jourmal of rumiko honma

毎週火曜日・金曜日に送信しているフェルミエメールマガジンのバックナンバーです。

Vol.1331 2015年12月18日(金)発行

本間るみ子の美味しいもの日記
「ピアーヴェ・ヴェッキオ・オーロ」

 昨夜からやっと冬らしい寒さが戻ってきました。寒さは苦手ですが、や
はり冬らしさがないと年末だという感覚がついなくなりますね。昨夜は毎
月1回の恒例のアペリティフの会でした。クリスマスらしいスパークリン
グワイン3種類をご用意。おつまみチーズは、ピアーヴェから始まり、餃
子の皮をつかったタマネギとパルミジャーノ・レッジャーノのひと口ピッ
ツァ、リコッタと炙った鮭+クロタン・ド・シャヴィニョル、カンボジア
の胡椒をサンドしたラングル、オムレツにいれたガプロン、ブリ・オ・グ
ランマルニエと7種類ものチーズが登場。食前のアペリティフのはずなの
に、お腹いっぱいになってしまいました。詳しくはブログをチェックくだ
さいね。
 プロセッコと一緒に楽しんでいただいたのは1年熟成の「ピアーヴェ・
ヴェッキオ・オーロ」(※)です。パイナップルを思わせるフルーティな
香りが口いっぱいに広がり、1年熟成なのに、ふんわりと溶けていく感じ
は栗のようです。塩分も少なく、どなたにでも喜んでいただけるはず。年
末年始のチーズに加えていただけたら幸いです。

※ ピアーヴェ・ヴェッキオ・オーロ
https://www.fermier.co.jp/products/detail.php?product_id=1861

 この時期の飲食業界は大忙し。お休み返上で仕事に追われます。パリの
チーズショップ「マルタン・デュボワ」で働く犬ちゃん(犬田ゆりさん)
のフェルミエ通信コラム「パリ便り」、ご覧になった方も多いと思います
が、夜中までの準備やら当日の忙しさなど笑えないお話を書かれていまし
た。25日は寝正月ならぬ、寝クリスマスには、思わず笑ってしまいまし
た。
 フェルミエでは毎週木曜日は全体ミーティングを行っているので、札幌
店をのぞく渋谷、品川、麻布十番の店長が揃う日ですが、さすが昨日の出
席者は愛宕店のファビアンだけ・・・街もにぎわう季節ですね。

 12月も後半になると、身のまわりの整理整頓が始まります。来年30
周年を迎えるフェルミエですが、社内にはたくさんの想いが詰まった、私
にとっての宝物が山積みなのです。でも、違う角度からみたら宝物もゴミ
ということだってあります。そんなわけで、とうとうオフィスの断捨離が
始まりました。大切にしまっていた写真やチーズのイラスト、生産者のポ
スターなども思い切り捨てなくては・・・とはいっても、捨てきれないも
のは、使ってくださる方にお譲りしたいなあと思っています。
1990年前半に3年間、松成容子さんと一緒につくってきたチーズ専門
誌「アリスティーアス」は12号まで出版しましたが、現在在庫があるの
は11号と12号のみ。チーズに興味のある方なら、古い本も役立つかも
しれません。読んでみたいという方がいらっしゃいましたら、私までご一
報いただきたいと思います。

 さて、今週の日曜日、愛宕店は臨時営業いたします。12時から17時
までの短縮営業となりますが、皆さま、お散歩がてら愛宕山にお出かけく
ださい。
 また、来週23日も同様の時間で臨時営業いたします。クリスマスのチ
ーズもまだ間に合いますね。皆さまのご来店をお待ちしております。