ナチュラルチーズ専門店&チーズ 通販のフェルミエ http://fermiershop.com

美味しいもの日記 メルマガ バックナンバー

the jourmal of rumiko honma

毎週火曜日・金曜日に送信しているフェルミエメールマガジンのバックナンバーです。

Vol.1295 2015年8月7日(金)発行

本間るみ子の美味しいもの日記
「マオン-メノルカ “アルテサーノ”」

 35℃以上の猛暑日は今日で連続8日、記録更新中です。蝉たちの合唱
が賑やかに響いています。明日からは少し過ごしやすくなるとの予報です
が、まだまだ油断はできませんね。

 フェルミエメンバーズクラブの皆様にはフェルミエ通信8月号がお手元
に届いている頃かと思います。今月のおすすめチーズはスペインの牛乳製
チーズ「マオン-メノルカ」(※)です。このマオン-メノルカをつかっ
たランチ会が先ほど終了したばかりです。愛宕店店長・ファビアン特製の
お料理、今日もとっても美味しくいただきました。ファビアンがつくる料
理はアイデア満載でいつもワクワクさせられます。お料理の写真はfac
ebookやブログでもチェックください。

※ マオン-メノルカ
https://www.fermier.co.jp/products/detail.php?product_id=652

 さて、潮の香りが漂うマオン-メノルカの故郷は地中海のバイアレス諸
島の一番東に位置するメノルカ島です。マオンはマヨネーズの発祥の地と
して知られますが・・・いえ、むしろ知らない人のほうが多いかもしれな
いですね。私がこの島をはじめて訪ねたのは、9年前の2006年のこと。
フェルミエツアースペイン編「ケソ&ビノの旅」を企画したおかげでした。
バルセロナから夕方出航の船に乗りマヨルカ島に翌朝到着。まるでハワイ
のような観光地マヨルカ島で2泊したあと、再び船でメノルカ島に渡りま
した。すてきな船旅だったことを今も懐かしく思い出します。

 世界中に輸出されるマオン(2006年当時はマオンとだけ呼ばれてい
ました)は、ほとんどは殺菌乳製をつかった工場製です。アルテサーノは
家内工業と訳されますが、スペインでは無殺菌乳製のことなのです。私が
訪問した農家は、広げた布にカードを集めて四隅を持ち、ホエーを絞り出
すようにして中央で結び、結んだ状態でプレスしていました。クッション
や座布団のような形と例えられますが、綿が偏らないように中央を留めて
いた時代も過去のことですので、例えはあまり相応しくないかもしれませ
ん。布を使うことによって、大きさも調整できたし便利だったはずなので
すが、簡略化されることはやはり致し方ないことなのでしょう。丸みを帯
びた四角い型に布を敷き、カードを入れて布を中央に寄せることで布を使
った形跡は残ります。以前に比べると高さが高くなりましたが、無殺菌乳
ならではの濃厚な味わいは健在です。そして嬉しいことに塩分はいくらか
まろやかになっています。他のチーズと比べれば、塩分が高めですが、ワ
インや日本酒と一緒に愉しむのであれば、むしろ歓迎すべき塩加減かもし
れません。固そうに見えて、口に含むとさらりと溶けていくマオンはお料
理にも最適。今日のランチ会でも前菜のムースからサラダにスープまで、
マオンはたっぷりと使われていました。

 来週11日、パリで活躍する愛宕店の元店長・犬ちゃんこと、犬田ゆり
さんを迎え、愛宕店では「夏のフロマージュプラトーを楽しむ夕べ 」が
催されます。フェルミエ通信7月号で告知したとたんに満席になってしま
いました。犬ちゃんに会いたい方が多い証拠ですね。昨日、帰国早々に打
ち合せにきてくれた犬ちゃん。1年のブランクを感じさせないほど、みん
なと和気藹々、盛り上がっていました。

 8月13日から16日まで愛宕店は夏休みをいただきます。渋谷、品川、
麻布十番は通常通り営業いたしますので、ぜひお立ち寄りいただきたいと
思います。
 皆様もどうぞすてきな夏休みをお過ごし下さいね。